INTERVIEW

佐々木麻菜さん

TWBTではシニア部門・ゴールドアワードを受賞。スカラシップを獲得して韓国 International Ballet Competition に出場し、見事Korea Ballet Foundation Awardを受賞されました。さらに2016上海International Ballet CompetitionではRecognition Awardsを受賞。佐々木麻菜さん(エスバレエスタヂオ)にインタビューをしました。


Q. 普段のレッスンで気を付けている事や大事にしている事を教えてください。

A. 日々の身体のコンディションにはよく耳を傾けるようにしています。自分の欠点と個性をよく知っておくことはとても大事なことだと思います。

 

Q. TWBTに参加したきっかけを教えてください。

A. 海外のコンクールに参加したいと考えていた時に、日本予選が行われることを知り参加しました。

 

Q. TWBTに参加して良かったと思うことをお聞かせください。

A. 様々な国の先生方に踊りを見ていただけたことが良かったなと思います。韓国でもTWBTのサポートがあり、とても心強かったです。

 

Q. 韓国国際バレエコンペティション(KIBC)についてお尋ねします。KIBCではどのようなバリエーションを踊りましたか?

A. エスメラルダ、グルナーラ、アルレキナーダ、オディール、コンテンポラリーの5曲を踊りました。

KIBCの期間中はどのように過ごされましたか?

午前中は毎日クラスがあり1人5分間ほどの舞台リハーサルを行う日もありました。審査のない日は午後からホテルの近くをお散歩したり観光を楽しみました。

 

Q. KIBC参加中、他国のバレエダンサーはどのような印象でしたか?

A. フレンドリーな人が多い印象でした。挨拶を交わしたりお話をすることも多かったです。

 

Q. 現在、佐々木麻菜さんのご活動状況を教えてください。

A. 今はスタジオの舞台に向けてリハーサルをしてします。

 

Q. 最後に、今後TWBTに参加するバレエダンサーへ、アドバイスをよろしくお願い致します。

A. コンクールも公演も1つの舞台には変わりないと思っています。たとえ1曲のバリエーションでも作品として大切に踊ること、集中して程よい緊張感を保つことが大切だと思います。